『ヒトラーの追跡』ドイツ映画

ナチスの迫害から逃れ、必死に生き延びようとした少数民族の女性を描いた映画をご紹介します。

【あらすじ】
舞台は1944年のポーランド。収容所への移送途中の列車から逃げ出した少数民族ロマ(ジプシー)の女性リナは、ドイツ人女性に成り済まし、野戦病院で働き始めた。そこで、リナはドイツ軍兵士のヴィリーと知り合い、互いに惹かれ合う。二人は一緒に楽器を演奏したり、語り合ったりしながら愛を深めていくが、ある事件が引き金となり、リナに危機が迫る……

【感想】
ナチスはユダヤ人だけではなく、少数民族や同性愛者も迫害し、強制・絶滅収容所に送り込んでいました。これまであまり語られてこなかったユダヤ人以外の犠牲者にスポットを当てたという点では、本作品を評価できますが、ストーリーが少々退屈でした。状況の設定にも無理がある部分が多すぎたように思います。
ただ、ヴィリーの両親を描いた場面は興味を持てました。ヴィリーの父親は帝国裁判所の元裁判官で、地元の名士という設定になっています。母親はいかにも上流家庭のご婦人といった雰囲気で、ロマの人たちを蔑んでいます。ドイツ人の中にはこういう人たちもいたんだな…ということを改めて感じましたし、このような場面をきちんと描いている点は、さすがドイツ映画、と思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック