マネとモダン・パリ展+ミュージアムショップ

今年の春、丸の内にオープンしたばかりの三菱一号館美術館で開催されている「マネとモダン・パリ展」に行ってきました。
画像

この美術館、洋風建築のお洒落な建物で、外観はすばらしいのですが(コンドルの設計だそうです)、建物内は美術館として使用するにはあまりに狭く、混雑時には身動きが取れなくなります。閉所恐怖症の私は卒倒しそうになりました… 

展示されている作品はよかったです。
この美術展の目玉作品となっているベルト・モリゾやエミール・ゾラを描いた油彩画はとってもすばらしかったです! どちらもオルセー美術館の所蔵作品だそうです。
でも今回の展示で一番印象に残ったのは、猫の版画です。これらはフランス国立図書館の所蔵作品で、特に《猫たち》という作品の丸まった猫ちゃんの姿がとっても愛らしかったです

マネの「猫」は人気があるようで、ミュージアムショップに「猫」シリーズの絵葉書や一筆箋、クリアファイル、エコバックなどが置いてありました。

思わずエコバックと葉書を衝動買い……エコバックには《猫たち》がデザインされています。 かわいい~♪
画像
画像


お昼は美術館のすぐ近くにある丸の内ブリックスクエア内のレストランでマネ展限定ランチをいただきました
これはデザートの「すみれのブラマンジェ」です。マネの作品「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」をイメージしたデザートで、すみれのジュレが周りにちりばめられていました。さわやかで美味しかったです♪
画像


その後、丸の内のオアゾに寄って丸善で本をチェックし、ついでにオアゾの一階で開催されていた無料のピアノコンサートでショパンの曲を聴いてから帰りました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック