ドイツ語学習に使える映画を探す・其の3

 相変わらず、ドイツ語学習用の映画を探しています。今回は次の二本を観ました。

★『Wo ist Fred?』 (ドイツ/2007年/107分/アンノ・ザウル監督)
画像

 ティル・シュヴァイガー主演のコメディー映画です。タイトルの直訳は『フレートはどこだ?』

 建設作業員のフレート(ティル・シュヴァイガー)は、恋人の連れ子に気に入られようと、何でも欲しいものを買ってやると約束します。子供が希望したのは、人気バスケチームのサイン入りボール。そこでフレートは友人アレックス(ユルゲン・フォーゲル)に協力してもらって身体障がい者になりすまし、バスケの試合の日に優先席に入り込みます。このチームは、試合後に、障がい者の優先席に向けてボールを投げ込んでプレゼントする、という習慣になっていたのです。フレートは、まんまとボールを手に入れますが、その後、障がい者用のイメージ映画に出演するはめになり、やむなく障がい者のふりを続けることになります。映画の撮影を担当していたデニゼ(アレクサンドラ・マリア・ララ)は、障がいを持ちながらも懸命に生きるフレートの姿に惹かれ始め、二人は接近していくことになりますが…。

 車椅子に乗った人たちを軽いノリで扱ってよいものかとも思いましたが、でも楽しい映画でした。ティル様の土方姿がかっこよかったです。ドイツ語字幕付きですし、スラングとかも豊富で面白い内容なので、これも教材用候補として残します♪

★『Freunde』 (ドイツ/2006年/101分/マルティン・アイグラー監督)
画像

 ベンノ・フュルマン主演のスリラー映画です。タイトルの直訳は『ともだち』

 警察官のニルス(ベンノ・フュルマン)は、手入れで踏み込んだ店で旧友のタイフーンと偶然再会します。友人を助けるため、ニルスはとっさに麻薬を隠しますが、このことがバレてしまい、上司からタイフーンの動きを偵察するようにとの命令を受けます。友情と仕事の板ばさみになったニルスは悩み苦しみながらタイフーンに近づきますが…

 最近気になる俳優ベンノ・フュルマンが主演した映画だったので、見てみました。恋人役に、『太陽に恋して』のクリスティアーネ・パウルも出ていました。スリリングな内容だったのですが、ドイツ語字幕が付いていないうえに、どのセリフもカツゼツが非常に悪くて、ほとんど聞き取れませんでした。かなりのハイレベルですので、教材には無理です。

"ドイツ語学習に使える映画を探す・其の3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント