「アイガー北壁」明日から公開!

明日3月20日から、「アイガー北壁」が公開されます!
ドイツ映画祭2008で観ましたが、なかなか壮絶というか迫力ある映画で、見ごたえ抜群です!

この映画のストーリーを公式サイトから引用させていただきます。

ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に誇示するため、アルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、成功者にはオリンピック金メダルの授与を約束していた。山岳猟兵のトニー(ベンノ・フュルマン)とアンディ(フロリアン・ルーカス)は、難攻不落の山を次々と踏破し、優秀な登山家として知られ始めていた。2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも、《殺人の壁》と恐れられていたアイガー北壁への挑戦を決意する。
麓には、初登頂を目指す各国からの登山家や、世紀の瞬間を見届けようという報道関係者や見物客が集まってきていた。その中にはトニーのかつての恋人で、新聞記者をしているルイーゼ(ヨハンナ・ヴォカレク)の姿もあった。天候を待つこと数日。ある晩、トニーとアンディは北壁への登攀(とうはん)を開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い、4人は快調に高度を上げていくが、メンバーの負傷や急な悪天候に見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと追い込まれていく……。




最近、仕事がらみのことでクヨクヨすることが多いのですが、こんなときこそ過酷な状況に挑んだ登山家たちの姿を描いたスケールの大きい映画を観るといいのかも知れません。

新宿や有楽町、横浜、大阪、名古屋では3月20日から、京都や兵庫、札幌などでも順次公開される予定です。

"「アイガー北壁」明日から公開!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント