テーマ:その他の映画

『カティンの森』ポーランド/2007/122分

神保町の岩波ホールで『カティンの森』を観ました。 【あらすじ】  1939年9月、ポーランドは西からドイツ軍に、東からはソ連軍に侵攻され、混乱のさなかにあった。アンナは娘のニカと一緒に将校の夫アンジェイを探していた。アンジェイはソ連軍の捕虜となり、ちょうど駅から収容所に送られるところで、アンナとニカは悲しみの中、夫の乗る移送列車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『愛を読むひと』前売り券入手

2009年6月19日より、映画『愛を読むひと』(原作:『朗読者』)が劇場公開されます。 当日一般チケットは1,800円ですが、前売り券は1,300円で買えるので、観たい映画はだいたい前売りを購入します。 映画によっては、劇場窓口で前売りを買うと何らかのおまけが付いてきます。 今回は文庫本サイズのノートブックをいただきました♪(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ワルキューレ』2008/アメリカ/120分

トム・クルーズ主演の映画を銀座で観てきました。ドイツで実際にあった「ヒトラー暗殺計画」を描いた作品です。 【あらすじ】 ナチス・ドイツの軍人、フォン・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国ドイツを愛していたが、ヒトラーの政策には疑問を抱いていた。 アフリカの前線で負傷し、片目と右手首を失ったフォン・シュタウフェンベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『アドルフの画集』2002/カナダ他/108分

画家を志していた青年時代のヒトラーを描いた映画をご紹介します。 【あらすじ】  舞台は、1918年のドイツ、ミュンヘン。貧しい青年アドルフ・ヒトラーは、自分の芸術の才能を世間に認めてもらおうと必死だった。しかし、前衛的な抽象画が流行しはじめていた時代に、アドルフの描く素朴な古臭い絵は相手にされなかった。そんなあるとき、ユダヤ人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヘヴン』

『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ監督が、故キェシロフスキ監督の脚本を映画化した話題作をご紹介します。 【あらすじ】 舞台はトリノ。英語教師フィリッパは、夫を死に追いやった麻薬密売人に復讐しようと彼のオフィスに爆弾を仕掛けた。しかし、逮捕されたフィリッパは、尋問室で、罪のない人たちが犠牲になり、密売人は生きていることを知ら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『マルタのやさしい刺繍』スイス映画

見終わった後、とってもハッピーな気持ちになる映画をご紹介します。 【あらすじ】 夫を亡くし、ふさぎこんでいた高齢のマルタは、若い頃に抱いていた「ランジェリーショップを開く」という夢を思い出し、生きる気力を取り戻す。念願叶ってお店をオープンさせたものの、客足は伸びず、保守的な村人たちからは「下着の店など破廉恥だ」と非難を浴び、息子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『敵こそ、我が友』~戦犯クラウス・バルビーの3つの人生~

敗戦後もナチスの思想を持ち続け、第四帝国を作ろうとしていた戦犯、クラウス・バルビーの人生を描いたドキュメンタリー映画をご紹介します。 まず、副題になっているバルビーの「3つの人生」について説明します。 1.戦時中、ナチス親衛隊保安部の責任者として、ドイツ占領下のフランスで活動家やユダヤ人などを虐殺した人生 2.戦後のヨーロッパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『僕のピアノコンチェルト』スイス映画

見ていて心がホッとする、癒し系のスイス映画をご紹介します。 【あらすじ】 主人公の少年ヴィトスは超天才少年。ピアノも勉強も、大人顔負けの能力があるため、同級生だけでなく教師からも疎まれ、友達もできず、いつも孤独だった。さらに親や周囲の過剰な期待にも苦しめられていたが、離れて暮らす祖父だけは、ヴィトスの気持ちを分かってくれた。そん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more